ニキビ跡の治療は、症状によって、治療方法が異なるようです。

ニキビ跡の治療方法としては、薬物療法、ピーリング、レーザーによるものなどがあります。


それぞれの治療法を紹介すると、以下のような感じになります。

薬物療法は、ケロイド状のニキビ跡の場合に使われる治療法です。通常、ニキビ跡は薬のみでは治療が困難とされているのですが、ケロイドの場合は、炎症を抑える作用のあるステロイドの塗り薬などで治療することができるようです。

ケミカルピーリングは、色素沈着などのニキビ跡に使われる治療法です。皮膚の表層の角質を取り除くことで、皮膚のターンオーバーを促進させる方法で、軽度のニキビ跡に使われる方法です。

3つ目のレーザー治療は、色素沈着のニキビ跡にも使われますが、クレーターになってしまったニキビ跡の場合、色素沈着の場合とは異なる、高周波のレーザーでの治療で対応するようです。

上記の3つの治療法でも難しい場合は、手術でニキビ跡を治すことになります。

ただ、手術となると、手術跡が残る可能性もあるようなので、手術するか否かは、よく考える必要があるようです。




 

© 2021 ニキビ rss